正しいNHKの解約方法と引っ越しの場合の解約理由を紹介

NHKの解約ってできないと思っている人多いと思います。でも正当な理由があれば大丈夫なんですけど、それでも解約時に嫌な思いをする人は多いみたいです。

引っ越しを考えている人でNHKを解約したい・・・なんて思う方も少なくありません。

では、引っ越しを機にNHKを解約することはできないのでしょうか?

答えは現状は条件がそろえば解約できる!です。

それではNHKの解約方法と引っ越しの際に解約できる条件について紹介していきましょう。

NHKの解約条件はNHKが公表しています

NHKの解約方法はNHKのWEBサイトなどでも書いているとおり、テレビなどの受信機がある家は解約することはできません。なので、受信機を捨てるか、メルカリなどで売る、誰かにあげるかして家に受信できる環境を無くすことです。

その他に受信機はあるけど、海外転居などを理由に誰も住んでいない状況になるようであれば解約の理由に該当します。

〔解約の主な事由〕

(1)受信機を設置した住居にどなたも居住しなくなる場合
・2つの世帯が1つになる場合※
・世帯消滅
・海外転居   など
※一人暮らしの解消、単身赴任の解消など、2つの世帯が1つになる場合は、いずれか一方の受信契約が解約の対象となります。

(2)廃棄、故障などにより、受信契約の対象となる受信機がすべてなくなった場合
・受信機の撤去
・受信機の故障
・受信機の譲渡 など
引用元:NHK受信料の窓口
https://pid.nhk.or.jp/jushinryo/about_kaiyaku.html

 

条件が揃えば、次にNHKに電話で解約をする旨を伝えます。

NHKふれあいセンター電話番号:0570-077-077

こちらで解約をしたいと伝え、(放送受信契約解約届)という届出書をもらう必要があります。

そしてこれをNHKに郵送する必要があるという事です。

たぶん、わざと解約の手間を増やしてあきらめさせようとしているんじゃないかと思います。

これだけインターネットが普及してWEBサイトも設置されているのに放送受信契約解約届を印刷、ダウンロードできないのは対応が良くないと思います。

引っ越しの際はテレビや受信機を無くすことでNHKとの契約を解約することができます。

引っ越しを機に断捨離をする人などにおすすめの方法ですね。

ただ捨てるのではなく、フリマアプリのメルカリやラクマで売る、地域のリサイクルショップや大型家具の処分サービスを使うのもいいかと思います。

最近では引っ越し業者さんが買い取ってくれるパターンもあります。

引っ越しを考えている人はこのあたりも参考に引っ越し見積をしてみてもいいかもしれませんね。

ワンセグ機能付きのスマホや携帯電話を持ってる人は注意が必要です。

2019年3月に最高裁の判決でワンセグ機能付きのスマホを所持している場合は自宅にテレビが無くても契約の義務があるという判決がでました。

この場合は自宅にテレビが無くても解約を断られる可能性もあります。(どうやってワンセグ機能付きのスマホなのかを判別するかは不明ですが)

また2019年5月には地上波とネットの同時配信可能なように放送法が改正・成立致しました。

今後はスマホも解約しないとNHKの解約は難しいかもしれませんね。( ;∀;)

最後に実際にNHKの解約に関する口コミを紹介しましょう。

多くの方が不満に思っているようです。少しでもNHKとの契約が良い方向に向かってほしいものですね。

マニュアルどおりで時間ばかりかかる

出張で1年間海外勤務になったので、NHKに解約の電話をしました。対応のスタッフは、解約させないマニュアル通りの対応です。とにかく受付までの時間が掛かります。こちらとしては、1年間の解約だけなのにこれほど面倒だと思いませんでした。本当にサービス提供会社かなと思います。とにかく先送りの対応ばかりで、ストレスが溜まりました。きちんと支払いしている人に対してこの対応なのだから、そうでない人に対する対応が悪質なのも想像つきます。

(沖縄県:40代男性)

解約できない理由がわからない

NHKの解約を申し出たときのお話しをさせて頂きます、私は普段からNHKを観ませんので受信料を支払うのがもったいないと思い解約を申し出ました、しかしNHKの職員は自宅にテレビやパソコンやタブレット等がある世帯は解約する事は出来ませんと言ってきました、私はなぜNHKを視聴しないのに受信料を支払わなければならないのかという疑問と、なぜ解約が出来ないのかという疑問がその時強く思いNHK職員の方に疑問を投げ掛けました、するとNHK職員の方は受信料の支払いは日本国民の義務ですから支払わなければなりませんし自宅にテレビ・パソコン・タブレット等がある世帯は解約する事は出来ませんと言い‥更には不満があればNHKを訴えて裁判沙汰になさっても結構ですと言われました。

私は正直NHKと日本国に呆れてしまいました‥、やり方が汚いというか幼稚というか‥不満があるなら裁判沙汰にしても良いという半分脅しみたいなやり方には本当に呆れました、そもそもNHKを相手に裁判を起こすという事は日本国を相手にするという事になりますから絶対に勝つ事は無理です、こうした事をNHK職員は分かっていますので国民は必ず泣き寝入りするしかありません、本当にやり方が汚いです、というかチンピラと変わりません、ちなみに私は現在も結局解約出来ずにいますし受信料も強制採取されています、NHKはただの取立て屋のチンピラですね‥、以上でNHKの解約を申し出たときのお話しをさせて頂きました、失礼致します。

(東京都:男性40歳)

ため口&やる気のなさに憤慨!

こんにちは。先ほどからお世話になっております。30歳で自営業(フリーランス)をしている者です。

今回はNHKの解約に関するエピソードを書いていきたいと思います。

僕の今住んでいる家はNHKなんて契約をしていませんし、契約する気もないです。

ですが、僕の実家はNHK1を契約をしておりましたが、「NHKなんて見ないよね?」という事になり、NHKのスタッフの方に来てもらい、解約手続きをしました。

その際のNHKのスタッフの対応がひどかったので、書きたいと思います。

解約する際に書類を書きましたが、その書類をほとんど投げるように渡す、「あぁ。ここ適当でいいよ」や「あーはいはい」「大丈夫っすよ。」「いいよ。もう」等ため口やら、やる気のない態度には憤慨しました。

「こんなことってあるのか?」と、僕の母親は我慢できなくなり、そのスタッフが帰った後に、NHKに電話をしました。

すると電話対応してくれたスタッフさんは、「大変申し訳ございません。徹底して指導します!」との事でしたが、とても不愉快な出来事でした。

だから「NHKなんて見ない!」「見たくもない!」と言われるのです。

(宮城県:30歳男性)

まるで借金の取立てみたい

離婚し、引っ越した際に、NHKの方が来られ入るよう勧められた。わたしが、公共の料金ということは認識していますが、支払い義務はないと思っています。とお返事すると、放送法で決まっています、とか言って、一度帰って行きました。その後、スーツを着た少し上の役職そうな方が来られ、同じ事を告げました。一年間は、払わなくて良いとか、来月からで良いとか、玄関で、言われ続け、わたしは、家の奥には入り、やっと帰っていただきました。その後も、督促状のような、赤い文字で封書が何度も届いています。悪いことをしていないのに、とても気分が悪く、借金の取り立てにあっているようです。

わたしはNHKは、見ませんし、電波は送らないで欲しいです。押し売りのようでとても嫌です。

(大阪府:54歳女性)

引越し先の確認ができないとダメ

一人暮らしをしていたのですが実家に帰ることになりました。NHKには実家へ帰る事は告げず、今すんでいる部屋を引き払うので解約手続きをしたいと申し出ると電話にて「引っ越し先の確認が出来ないと書類を送れない」という旨の返答を頂きました。その時は確かにって納得したのですがよくよく考えてみると、引っ越しの確認ではなく、引っ越し先の確認が出来ないと書類を送れないってのはおかしいなと思いました。家を引き払った時点で解約できず、引っ越しが完了してから解約手続きをするとなると一つの世帯で二つ分の支払いをしなくてはいけない事になるってのもありますし、住所変更ではなく解約のお願いをしたのにナチュラルに継続する方向で話が進んでいるのも疑問でした。

(神奈川県:26歳男性)

テレビがないのに解約できない?!

元々無理矢理契約をさせられたのですが、テレビも観ないし解約したいと思っていました。最近テレビが壊れたので、新しいテレビを買っても観ないしもう買うのをやめたのでNHKを解約したいと思い電話しました。そしたら、法律で払うことが決まっているとか、本当にテレビがないか確認しないといけないとか言ってきたので、いいから解約したいんですと何回も言ったら向こうも諦めたのか解約することができました。本当にしつこくて腹が立ちました。2度とNHKとは契約しません。

(和歌山県:30歳男性)

夜の10時にNHKの集金。恐怖でしかない

引越しをしたばかりの頃、会社から帰宅してほっと一息したところ、夜10:00頃にピンポンと鳴る音がしてドアをドンドンと叩く不審者がいました。こんな時刻にやってくる知り合いは居ないので居留守を使おうと無視していたら、「○○さん、居るのは分かっているんですよォ…NHKの集金に来ました!帰りませんよォ…」と男性が大きな声を出して来ました。私はNHKの料金は銀行引き落としで支払っているはずで、集金される覚えはないことを伝えても支払われていないことをしつこく繰り返し、段々自信がなくなり怖くなって来たのでドアにチェーンを付けて開けてしまいました。とりあえず払わないとここから動かないと脅されて、早くこの状況から脱したかったので泣く泣く支払って男性には帰ってもらいました。後日納得が行かなかったので、支払いを確認してみるとやはり銀行引き落としされており、二重に支払っている状態でした。過払い金は帰ってきましたが、夜中に男性が訪問してきたことがとても怖かったので、そんなことを許すNHKは解約したいと思ったほど嫌な体験でした。

(岡山県:35歳女性)

脅迫的でひたすら怖かった

一人暮らしをしていた当時、半ば強引にNHKの契約営業マンが夜やって来て、なかなか帰ってくれないので怖くて仕方なく契約してしまったが、パソコンしか持っていないし、パソコンでテレビも見ないのに契約しなくてはいけないことに納得がいかず、数日後、意を決してNHKのお客様センターへ電話をして解約を申し出ました。解約をしたい旨伝えると、NHK職員は解約理由をしつこく聞きます。テレビがない、テレビを見られる環境がないということをはっきり断言しないと、解約の申し出を受け付けてくれません。脅迫的な聞き込みを受けます。怖いですが、解約するためには頑なにテレビがありませんと断言しなければなりませんでした。怖かったです。

(東京都:解約時26歳女性)

留学中期間の解約なのにしつこく訪問

海外に留学に行くため、とりあえずその期間は日本でテレビも使わないし解約しようと思い、連絡してその旨を告げました。しかし、どこの国に行くのか、なぜ行くのか、本当にその間一度も日本でテレビを見ることはないのか、携帯電話でもテレビを見ないのか、テレビは廃棄したのか、しつこく色々と聞かれかなり長くなりました。やっと納得してもらい廃止届を提出して解約となったが、解約してすぐにNHKの方が来て、こちら契約がないのですが、テレビはないんですか?と聞かれ、解約したばかりということを告げても、しつこくなかなか帰ったくれませんでした。解約するのにも時間がかかり、解約してからもすぐにまた訪問が来るとはひどい対応だと思いました。

(愛媛県:28歳女性)

ないものはないのに、証明しろの一点張り

解約の方法をネットで調べ、「NHKふれあいセンターに電話する」という方法を見たので、早速電話をし、「引っ越しの際にテレビを処分したので解約したい」と申し出ました。
すると、ふれあいセンターのオペレーターから、処分したときの証明書や領収書はあるかと聞かれました。
そのようなものは無いので、「無い」と伝えたところ、「それではこちらでは対応できかねますので、後日お住いの地域の営業センターから再度お電話させて頂きます。」と言われました。
なぜすぐに対応できないのか、理由を問い詰めても、「証明書が無い場合はこちらでは対応できません。」の一点張りでした。
オペレーターはかなりクレーム慣れしている雰囲気で、強気に話しても一切動じません。
私は諦め、営業センターからの連絡を待つことにしました。
なぜふれあいセンターで対応できないのか、気になって再度ネットで調べたところ、調査員が自宅まで来て確認するという書き込みを見つけました。
これはマズいと思い(本当は処分しておらず、家の中で隠すのが不可能な大型テレビがある状態)、あわてて別の対処法を調べました。
結果、営業センターから電話が来た際には、実家に帰ることにしたと伝え(実際には帰らない)、実家でNHKの契約をしていた父の情報を伝え、無事解約することができました。
ふれあいセンターのオペレーターにはかなり頭にきましたが、営業センターのスタッフはそれほどクレーム慣れしていなかったので(ちなみに上野の営業局です)、強気に話すことをオススメします。

(埼玉県:26歳女性)

話がなかなか進まない

引っ越しする数日前にNHKの契約が来て、契約させられてしまった。引っ越しする情報を知っているかのようなタイミングだった。だが数日後には引っ越しのため、すぐに解約の電話をNHKのコールセンターにした。コールセンターには、おばちゃんが出て愛想も良かったのだが、解約するという段取りになり中々話が進まない。書類の郵送の話だったり、”本当に解約するのか”といった、解約させないという方向に話を持っていこうとする感じが出ていた。引っ越しするという話もあまり信じていないのかもしれない。ネットのサイトに登録すると退会がどこにあるか分かりづらいのと同じような感じだった。とりあえず、後日送られてきた書類などを書いて解約はできた。

(北海道:28歳男性)

ドアをたたいて声を荒げるNHK

NHKの受信料を払うのを辞めた理由は、NHKの委託業者の接客態度が悪かったからです。
引っ越したばかりだから、テレビがないと言ったら嘘をつくなと言われました。
カチンときたので、ドアを閉めたらドアを激しく叩いて声を荒げて帰っていきました。
もう1人は、ドアを開けたら背中を向けたままのおじいさん。それだけでも不愉快なのに、放送法が書かれた紙を無言で差し出してきたのです。
この態度で、もうNHKは見ない!契約するもんかと決意しました。どちらも、四半世紀前の出来事です。

(栃木県:43歳男性)

強制加入どうにかしてよ!

NHKの集金人がやってきた時でした。
「高いよ、有料配信がいくらだと思ってんだよ。しかも強制加入とかありえないだろ、払わないぞ。俺はNHKを解約する」
ということをNHKの集金人に言いましたが
「まあそういう意見もあるかもしれないけど俺はただ集金してくるようにって言われただけだからさあ」
みたいなことを言って取り合って貰えませんでした、どうやら解約することはできないようです。
強制加入はなんとかしてくださいよ強制加入は。

(栃木県:32歳男性)

見ないのに料金請求って納得できない

5年位前のことですが、テレビが壊れたので、しばらくテレビを観ないことにしました。そこで、NHKにも電話して解約したい旨を伝えたのですが、「携帯やカーナビのワンセグで観たりしていませんか?」と言われ、「一応映りますけど」とこちらが答えると、「それでは解約できません」と言われました。その時は一旦あきらめましたが、ほとんど観ないのに、相応以上の料金を請求されるのはおかしいと思うようになりました。それだけ請求するのなら、パソコン(インターネット)でも視聴できるようにしてほしいと思っています。

(福岡県:50代男性)

解約のタイミングで口座引き落としを勧められ

学生の卒業と同時に、実家に帰る予定だったので、集金に来られた時に、NHKの解約をしたいと連絡をしました。私は、支払いを口座引き落としにしてなかったので、連絡をしたら終わると思っていたのですが、このタイミングで口座引き落としにした方がいいと言われました。実家で、親が払っているので必要ないですよね?と聞くと、本当ですか?ご両親は本当に払っていますか?と聞かれたので、失礼ですね!と返すと、どうも口座にされるのが嫌みたいな印象なので、、、と返されました。なので、NHKに支払うくらいなら、テレビを今後は見なくてもいい!と言って解約しました。

(大阪府:46歳女性)

引越し先まで調べて来る?気持ち悪い

引っ越しを機にテレビの設置をやめました。解約のことなど頭になく、役所で引っ越し先を調べたと支払いの通知が送られて来ました。気持ちが悪いです。
NHKの解約申し込み先を色々調べたのですが、基本見あたる電話番号はナビダイヤルの有料のものばかりでした。確か封筒にも有料の電話番号しか載っていなかった気がします。ようやく、これだという電話番号をみつけたのですが、それはヤフー知恵袋的なところでした。もちろんフリーダイヤルの番号です。
女性オペレーターが対応してくれたのですが、テレビはどうした?どこにやった?と正直気分が悪いです。設置してないのだから、ないのだから、グイグイこられると腹が立ちます。

(静岡県:41歳女性)

勝手に配信しておいてやり方が気に入らない

当時はテレビが本当に壊れてしまったため、NHKに解約を申し出たが、証拠を見せろだの調査員がそちらに伺って実際に確認しに行くような脅しともとれることを言われた。
そもそも、NHKを基本見ない連中に対しても勝手に配信してお金をせしめるやり方が気に食わない。
世の中もそういう風潮でNHKのスクランブル放送を望んでいる声の方が圧倒的に多いのに、是が非でもそうはさせまいとするやり方には嫌悪感しかない。
有料でしかテレビ見れないのなら、テレビ自体必要ないくらいに思っている。

(神奈川県:41歳男性)

時代に合わせるべき

インターネットが発達しテレビ番組はパソコンやスマホでも見れる時代になりました。
テレビをさほど必要にしていない方もいるのではないでしょうか。
今住んでいるアパートに引っ越してから、NKH受信料についてトラブルがありました。
その当初は契約していましたが、テレビを見ないので解約したいと申し出ました。
そしたら、受信法に基づきテレビ受信機があると解約できないと相手から言われましたね。
年間2万円を超えるので決して少ない金額ではありません。
ですが、現在は通信手段が増えたのでテレビを必ずしも必要としない方も増えていますね。
時代の変化に合わせて法律も変えるべきです。
受信料制度は時代錯誤も甚だしいですね。

(宮城県:44歳男性)

海外移住に伴う解約なのにしつこい対応

契約していたアパートを引き払い、海外移住のためNHKの解約を申し入れたのですが、解約の手続きをすんなりしていただけず、次に居住予定の引っ越し先の住所はどこですか?など、しつこい対応でした。海外に転出すると伝えていたのにもかかわらず、NHKの契約は義務だとか、転出するまでの間、視聴できるような機器(スマホなど)があれば、解約できないだとか、色々なことを言われました。また、海外へ転出した場合、NHKワールドの視聴契約をするように勧められたり、こちらが断ってもしつこくて解約手続きに時間を取られたことを記憶しています。

(静岡県:45歳女性)

加入の意向があるのに悪者扱い

引っ越しのため解約をすることにしました。当時はアパートに入居していて、集合住宅扱いでBSまで加入して入ることになっていました。しかし、今度は戸建てに引っ越すため、アンテナ等持っていなかったので、BSも含めて解約することにしました。電話をしたところ、解約の理由を何度も聞かれたり、テレビの利用状況を詳しく聞かれました。引っ越した先でまた新たに契約をするということを伝えたにも関わらず、すぐに申し込みが必要だということを強調何度も強調されました。きちんとまた加入する意向があると言っているのに、いかにも加入しなさそうな人という扱いを受けたのがいやでした。

(北海道:39歳女性)

タイトルとURLをコピーしました